読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドル


私はジャニーズファン歴こそ浅いけれど、アイドルファン歴はそこそこ長いです。(女子ドル育ち)私の今の生活は大好きなアイドルたち無しでは考えられないくらいです。

ジャニーズWESTのメンバーはよく「お金使わんでええよ」とか、CD2枚買って応募できるイベントに参加したファンに「ごめんなぁ」って言ってますよね。重岡くんなんか特に言ってるように思います。私は個人的に好きなアイドルにはお金をつかおう!ってスタンスなので、はじめはびっくりしました。

長年アイドルファンやってると感覚が麻痺してきて、CD複数枚買ってグッズ全種類買ってコンサートは多ステして遠征して、みたいなのが当たり前になってきます。そのためにバイトしよう、とか何か我慢しようとか無理したこと誰でもあると思うんです。気づいたら「買おう」じゃなく、「買わなきゃ」になってたり。よく「アイドルが大好きだから恋愛ができない!」「必要もない!」「両立できない!」って耳にすることもあります。私も一回もそう思ったことないと言ったら嘘になります。でも、それをアイドルは望んでいるんですかね?

私は今まで“ファンであること”に誇りみたいなものを感じていました。でもそれは間違ってると気づきました。誰かが「ファンであることをアイデンティティにするな」と言っていたことを思い出しました。

私は“あるべきファンの姿”を訴えたいわけでも説教したいわけでも誰かを否定したいわけでもないけど、自分を見つめ直すために書いておこうと思います。

疲れた日や落ちこんでいる日は、アイドルの曲を聴いたり、写真やDVDを見て癒されたり、コンサートに行ったら「明日からの学校や仕事頑張ろう」ってパワーをもらったり。あくまでも自分の日常生活が主体で、それを頑張るためだったり頑張ったご褒美だったりで、自分の応援できる範囲で応援するものなんだなって。日常や生活を疎かにして無理して応援するものではないんですよね。アイドルを“生きがい”にするのではなく、“自分が生きていくためのパワー”にしていこうと思います。応援の仕方や気持ちは人それぞれだからあくまで私なりなんですが、こういった気持ちで大好きなアイドルたちにパワーをもらい、無理のない応援をしていけたらな、と思いました。まあ色々むずかしく考えるよりも、何よりも楽しくハッピーにアイドルを応援することが一番だな!と思います。


普通で当たり前のようなことなんですが、忘れかけていたことを思い出しました。