読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セク鬱期に松島聡くんのファンになった話



私が初めて本気で好きになったジャニーズグループはSexyZoneです。今日は私とSexyZone、松島聡くんとの馴れ初めを書こうと思います。


初めてSexyZoneを認識したのはデビュー時のワイドショー。このときは完っ全に茶の間です。「へーまたジャニーズのグループデビューするんだ〜ていうか若っ!みんなこどもじゃん、、」これが第一印象。マリウスくん天使みたいって思ってた。\大正解!/


それから後も基本的に私はテレビっ子・女子アイドルヲタクなので、歌番組やバラエティでも良く見かけてたのですが、ファンになることはなく、、、


そんなある時、ジャニヲタ兼女子ドルヲタクの友達とカラオケに行った時に初めてPVを見ました。(確かセクサマとSexyZoneとWe Gotta Go)セクサマのトンチキソング具合は非セクガルの私も知ってたので楽しめました。一年中アイシテルヨ!友達はマリちゃんのファンだったのですが、私は佐藤勝利くんとマリウスくんしか名前と顔がわからないレベル。でもドルヲタなんで、「カメラワークに格差あるな〜アイドル業界どこの世界でも格差ってあるもんだよな〜」と思ってました。


余談ですがこの時友達がケンティについて話してくれて「この子はラブホリ先輩って呼ばれてて〜」などデビュー記念握手会での逸話や数々のラブホリエピを聞いて、「まじかよこの子やばいな、、」て思った。ケンティごめん。


それからしばらく経って、男〜の新曲発表のワイドショーもなんとなく見てて、普段からアイドル追いかけてる身として他人事に思えなくて、「うわ〜かわいそうに、、2人ともまだこどもなのに、、グループなのにシングルに全員が参加しないなんて、、」と思ってました。



今思えば、格差問題のおかげ(と言ったらかなり語弊がありますが)で畑違いの女子ドルヲタクの私もSexyZoneのグループ内格差を気にかけてました。歌番組とかでも「うわまた3人じゃん、、かわいそうに、、」と思ったり。


それからまたまた時間は経って、ついにSexyZone沼に片足をつける時がやってきました。それは2014年末のMステスーパーライブ。SexyZoneが君米で出てた時のこと。出演してた推しの女子ドル目的で見てたのですが、その時衝撃をうけました。


「さ、佐藤勝利くん超かっこいい!!!!お顔綺麗すぎない??!!」


ずっと子供じゃんと思ってた佐藤勝利くんがめちゃくちゃカッコよくなってる!!!YABAI!(語彙力)しかも中島健人くん!(銀の匙の原作ファンだったし、黒服物語も柏木由紀ちゃんが出ていたのでチェックしてた)歌って踊ってるとこんなかっこいいんだ!って衝撃でした。(ふまたんには特に印象なかった。ゴメン。)


すっかり佐藤勝利くんのお顔の美しさの虜となった私の中でしばらく佐藤勝利フィーバーが続きました。佐藤勝利くんの美しいお顔にメロメロ。毎日、“しょりたん かわいい”“しょりたん 天使”で画像検索する日々。これがまた、でてくる写真が全部可愛いんすよ、、カメラロールに可愛いしょりたんの画像増えまくりで困っちゃうよね、、


だんだん彼の人となりが気になり始め、私がラジオ好きなのもあってQR Zoneを聴き始めました。そこでまたしてもびっくり。


「SexyZoneおもしろいじゃん!!意外としゃべるんじゃん!!てか勝利くんつっこむんだ!!」


にわかの私がそれまでSexyZoneに対して持っていた『王道アイドル』『ジャニーズ最年少グループ』というイメージから、しゃべりはうまくないんだろうな〜定型文しかしゃべれないんだろうな〜(超失礼)と勝手に思っていたのもあってびっくりしました。いやマジおもしろいんすよ。


私は今でこそ聡ちゃんのファンですが、最初は勝利くんにHITOMEBORE状態でした。


私がいよいよ両足をSexyZone沼につけたのはchachachaの頃。その頃から松島聡くんが気になり始めました。

セクガル量産機とも呼ばれるセクチャンを見始めて、何この子おバカやん!それも愛おしいタイプのおバカやん!となり、もっと知るにつれ、え、この子ただのアホの子だと思ってたらめちゃくちゃ努力家じゃん…ポテンシャル高すぎ…デビューした頃は子ザルのようだったのにいつのまにこんな大きくカッコよくなっちゃったの?!おかあさん知らなかった、、もっとこの子世の中に知られるべきよ、、と謎の母性さえ芽生え始める始末。


そして極め付けはドキュメンタリーのファンミの映像。ファンへのプレゼント用のパーカーにぎっしりメッセージを書く聡ちゃん、ハイタッチで聡ちゃんのうちわを持ったファンの子の手をぎゅっと握る聡ちゃん、イベント終わりに「みんな可愛かったなァ〜〜」とにこにこ言う聡ちゃん。



そ、そんなん好きになるしかないじゃん……?!?!?!



この人のファンになったら絶対に幸せでいられる、この人のファンはみんな幸せなんだろうな、と直感的に思いました。




でも、格差がとても辛かった。好きな子が同じグループのメンバーのバック扱いされているのを見るのは辛かった。シングルのジャケットにもいない、曲にソロパートはない、衣装はおそろいじゃないし、コンサートではジュニアにまぎれ、歌番組でもまともに抜かれない、、。何回も、見ていて辛いなら好きにならないほうがいいのかな、今まで通り茶の間から遠巻きに見てたほうが楽しいのかな、と枕を濡らす日々、、。ウッウッ



そんな頃、ある歌番組での聡ちゃんの一言に救われました。MCの中居さんが聡マリちゃんに「君たちなんで3人と衣装がちがうの?」と言った時です。(中居さんありがとうございます)聡ちゃんがすぐさま「僕らなりのかっこよさです!!」と答えました。その時まっすぐな目でそう答えた聡ちゃんを見て、「ワイ決めた!ワイこの子応援する!!格差なんてあってもなくても聡ちゃんは聡ちゃんや!!」と腹をくくりました。同情でもなんでもなく、ただただ純粋に幸せになってほしいと思えました。



それからセク鬱も少しずつ解消され、『カラフルEyes』は5人体制に、『勝利の日まで』では全員がセンターになるフォーメーションがあるほどまでになりました。


私は聡ちゃんが今までどれだけ悲しい思いや悔しい思いをしたか、傷ついたか全てを知ることはできません。だけど、今まで聡ちゃんが諦めなかったこと、腐らなかったこと、弱音を吐かなかったこと、マリちゃんと支えあってきたこと、ファンに笑顔を見せ続けてくれたことは知っています。そんな松島聡くんを好きになり、応援しようと思いました。



セク鬱期はメンバーにとってもファンにとっても辛い時期だったと思います。けれど、少なからず得るものは必ずあったと私は思っています。(絶対に肯定はしないけど)もちろん5人で、SexyZoneのあるべき姿で活動できる今だから言えることですが。辛くて離れていったファンの方々もたくさんいると思いますが、私のようにそれがきっかけとなって気にかけていた人、興味を持った人もいるのでは?と思います。


私がSexyZoneを、松島聡くんを好きになったのは、可哀想だからでも同情でもなく、辛いことや悲しいことがあっても腐らず、諦めず前を向いてひたむきに頑張っていたからです。輝き続けることより腐らないことの方が難しいと思うんです。



今5人で活動できることのありがたさを忘れず、最強で無敵の5人でトップを獲れるよう、応援し続けたいと思います。




と、とてもまとまりのない読み辛い文章になってしまいましたがこのような粗末な文章を読んで下さりありがとうございました。